共働き 利用者別オススメ

子連れでスーパーの買い物はマジでしんどい・疲れる!買い物時間を短縮する方法を教えます!

投稿日:

1.買い物に時間がかかる理由

ひとりで買い物に出かけるのも大変なのに、さらに子供を連れて、あれこれ気を回しながら、買い物をすると、本当に疲れてしまいます。
どうにかして時間を短縮できないか、ここで考えてみたいと思います。

1.1レジが行列

どうしても買い物する時間はみなさん同じタイミングで行くことが多いので、お昼前の時間帯、あるいは土曜日などですと、お昼過ぎにひと段落してとか、あるいは夕食の準備にというタイミングで、夕方に集中して買い物をされる方も、多くいらっしゃるかもしれません。
こればかりは、各人の、ライフスタイルによっても、お仕事の帰りに、お子様を迎えてから、一緒に買い物をされる場合とか、ケースバイケースのこともございます。
当然、お店も集中、混みあいますよね。
結果どうしてもレジに並ぶ列ができてしまいます。 また食材もまとめて購入したりすると、レジの時間もそれぞれ長くなりますので、結果的に長く、待たざるを得なくなります。

1.2無駄な買い物がおおい

せっかく買い物するのだからと、つい、これも必要、あれも必要・・・結果的に今日どうしても必要な食材以外にも日用品などを、思い出したりして、今日買わなくてもよいものを、場合によっては、今すぐに購入しなくてもよい、不要な品物まで、購入してしまうことがよくあるかと思います。
また連れているお子様から、おねだりをされたりすると、どうしても、かわいいお子様のために・・・なんて、楽しいことを考えているうちに、結果的に、多くのものを購入してしまうこともあるかと思います。

1.3子どもがスーパーで遊びまわる

これは、皆様、ご経験済かと思いますが、お子さまにとっては、一種の遊園地気分。
おうちでは見ることのできない、たくさんの食材や、食料を目の前に、気分もハイテンションになってしまいます。これ以上の楽しい遊び場はありません。まさにお子様にとりましては、この空間はパラダイス以外の何物でもございません。

1.4スーパーでつい色々なものを買ってします

スーパーでは食材のみならず、いろいろな日用品を置いていある店が、昨今は大変増えてまいりました。また、スーパーではタイムセール、あるいは特売日など、日ごろ買うことのできない、お値打ち価格で食材、その他が、売られていることがよくあります。
「こんなに安いの~?」とびっくりして、必要以上にまとめ買いしてしまうのは、みなさん同じお気持ちではないかと思います。気が付くと、たくさんの品物を購入できて、ある意味、すとれす解消、などとこっそり感じてしまうかたも、なかにはいらっしゃるかもしれません。

<h2>2.買い物時間を短縮する方法

毎日忙しくされている皆様にとって、一日で利用できる時間は、限られたものになっているかと思います。そのような生活の中で、お買い物にあてる時間は、ばかにならないものがあるかと思います。
ここで、視点を変えまして、買い物する時間について、考えてみたいと思います。

2.1買い物時間を減らす

お買い物の時間を短縮するのであれば、てっとり早いのは、お買い物をする頻度(ひんど)を少なくして、かかる時間を、制限し、短縮することはできないか考えてみたいと思います。
少しだけ矛盾すると感じることがあるかもしれませんが、無駄な買い物をしないために、時間を短縮して、必要以上に買い物をしないことで、時間を減らすことができるかもしれません。
しかし、ここで、買うものを減らすと、また買いに行かねばならないから、結局、時間がかかってしまうのでは?という、ご意見があるかもしれません。
ここでは、まずは、買い物そのものに費やす時間を、少しでも短縮できないかという視点で、回数を減らしてみたいと考えることで、お許し願います。

2.2移動時間を減らす

別の考え方では、ある程度購入する品物の絞り込みをすることで、買い物をしなければならないお店の数を減らしたり、遠くへ出かけるのをやめて、近場で、手短に買い物をされますと、意外にお買い物の時間を短縮することが可能になるかもしれません。

2.3買い物の回数を減らす

計画的にという表現がふさわしいかどうかは別として、やはり、必要以上にショッピングに足を運ばないことも、お買い物に利用する時間が、短縮されることになるかと思います。
毎日のお買い物が、日課になってしまっている、ベテランのみなさまを除いて、なるべく回数を少なくし、お買い物時間を短縮したいものです。

2.4待ち時間を減らす

これは、調整することが、可能な場合と、そうでない場合があるかもしれません。
お買い物の時間帯を工夫して、あまり、お店が混雑しない時間帯を狙って、買い物に出かけると言うことも、工夫の一つかもしれません。
夕方の混雑する時間など、お客さまが買い物に集中して出かける時間をさけるのも工夫の一つです。
最近では、夜、遅くまで開いているお店も、結構あるのではないでしょうか。
それが可能なお店であれば、ライフスタイルに併せて、遅めに買い物するとか、あるいはお昼ごろに出かけているのであれば、可能であれば開店してすぐなどの、いつもとは異なる時間帯に出向いて、お買い物されることも効果的かもしれません。

3.買い物時間をゼロにする方法

ではここで、大改革ではありませんが、思い切って、買い物時間をなくす方法は、ないだろうかという、
違った視点で、考えてみたいと思います。

3.1食材宅配サービスを利用する

気楽にこのような問題を、提案するわけではありませんが、実は昨今、物流システムも発達した結果
あらゆるものを、配達していただくことが可能になりました。
そのような環境の中で、世間では食材の冷凍技術も、各段に進化し、食材の魅力を、栄養価を、美味しさを失わない状態で、冷凍し、また、解凍した際にも、そこそこ美味しく食べることができる技術も、広がってまいりました。
そういう意味では、冷凍食品の活用で、皆様、食卓の食材も、工夫されていることと思います。

またここで違った視点で、であれば、思い切って、買い物時間を短縮するために、もう、自宅まで食材を配達していただいてはどうだろうか、という考え方が一つ出てくるかと思います。
ご存知のように、現代では「時間」がもっとも大事な、貴重なものという、考え方も、徐々にではありますが、おっしゃる方も多く、いらっしゃいます。
そのような中で、この食材を配達いただけることについて、いろいろ、考えてみるのも、必要な時代の
流れになってきているかもしれません。 ひょっとして、おかげで有意義な時間を作ることも可能になるかもしれません。

2019年本当におすすめできる食材宅配・野菜宅配ランキング

私が最もオススメするのはオイシックス!

Oisix(おいしっくす)

ポイント

食材のおいしさ

食材の安全性

料理キットの使いやすさ

 

 

【2018年度】現役管理栄養士が選んだおすすめ食・野菜宅配ランキング

なたでこ
管理栄養士兼一児ママ「なたでこ」が友人や家族にオススメしたい食材宅配サービスを紹介します!

  • この記事を書いた人
なたでこ

なたでこ

現役管理栄養士兼一児のママ。共働きで忙しい日々から食材宅配に興味も持ち、管理栄養士としての知識を生かして、美味しい食卓を心がけています。

-共働き, 利用者別オススメ

Copyright© 【食材宅配・野菜宅配を徹底比較!】現役管理栄養士兼共働きママ「なたでこ」がおすすめする宅配サービスの選び方 , 2019 All Rights Reserved.