共働き 利用者別オススメ

夕食献立作成が面倒!夕食の献立を毎日考えるのがしんどい理由と効果的対処方法

投稿日:

共働きの我が家は、アラフォーの夫と、まだかろうじてアラサーの私。そして小学校1年生のやんちゃな長男と3歳児保育の娘の4人家族です。

上の子は給食なのですが早朝からということもあり食事とは別の朝の軽食と学童保育のおやつは持参型。下の子は毎日お弁当持参。

ちょうど都心のベッドタウンということもあり、朝早くから多数の通勤する他のPTAの方々とも顔を合わせます。

で、やはり話題が毎日の食事のこと。

ちょうど子育ての中で、給食とのバランスも見ながら、自宅での食品などバランスよく食べさせておかなければならない重要な時期。

アレルギー対策などもそうですが、味覚が形成されるこの時期に、しっかりとしたものをあれこれ親が積極的に選んで食べさせなければいけません。

となると、毎日の忙しいオフィスでの仕事以上に、頭を悩ませるのが、多品目が取れる夕食の献立づくり。

正直、給食のメニュー全部をチェックしてそれを補う夕食メニューあれこれ考えるなんて・・・ただでさえ疲れる毎日に、さらにもう一つしんどい作業がプラスされる状況。

本当に、家事って、体も頭も重労働だなと感じています。

さらにもう一つ、我が家には重大な事件が発生しました。

それが、夫の社内健康診断でのチェック項目が急に大量に!

もうアラフォーなので何もないこと自体が奇跡でしたが、本人はいつも健康に気を付けていただけに「あとは食生活かなあ?」なんていろいろ反省中。

こんないきさつで、私も真剣に毎日の夕食の献立作りを考えなければいけなくなりました。

1.夕食の献立を考えるのがしんどい理由!

産休前後もそうなのですが、一日家事労働をしっかりこなすと、夕方当たりの主婦というのはかなり疲れがたまるもの。

外で働き通勤もある共働き世帯の我が家も、もちろんそれ以上に疲れる状況。

正直なところ、自宅近くの駅に降りてきたときは、頭はかなりぼんやりして、階段を上るにもしんどい、なにをするにも面倒で、今週食べたメニューどころか今日自分が何を食べてきたかもしっかり覚えていないことまであるのです。

この状況で、子供の学校での給食メニューをチェックして、栄養バランスを考えるだけでも、これまで本当に大変でした。

やはり2~3か月に1回くらいは給食とメニューがかぶってしまうこともあり、いろいろ大変でした。

でも最近は、時短でできるあらゆる家事TIPS本なども豊富。

となると、この一家の栄養バランスのためには重要な夕食も、しっかり取り組んでシンプル化すれば、時短面と栄養面が、ともにしっかり両立できるかもしれません!

2.夕食のメニューの負担を軽くする方法!

いろいろな情報誌などを読み漁って「みんなの家ではどんな方法で、夕食メニューの献立作り負担を軽くしているのか」を分析してみました。

次にあげるような方法がいくつか見つかりました。

2.1 メニューをパターン化する

これは私もすでに朝食で実行している「メニューのパターン化」です。

我が家の朝食の場合は単純に、長男の学校給食カレンダーにあわせて、給食の主食が麺類やパンなら、我が家の朝食の献立には米やシリアルを。給食の主食がご飯ならパンをという風に設定しています。

あまり考えずに給食カレンダーを色分けしておけば、それにあわせて自動的に決まるので楽といえば楽ですね。

ただ、合わせるおかず部分は、やはり考えなければいけないのと、パンの時に比べてご飯の日には朝食から品目数をしっかりそろえなければいけないので、それでも面倒でしんどい部分は残ります。

他にも夕食で、子供の給食でパンやソフト麺が3日続いたら、夕食には鍋物や具だくさんの汁物など栄養バランスがとりやすいものにしていた時期もありましたが、なかなか味などのバランスがとりにくかったり、あるいは私自身がチェックを忘れてしまったりで、最近はすっかりこのパターン化はご無沙汰。

パターン化したところでしっかり活用できないと、さらに面倒さが広がりますね。

2.2おかずの作り置きをする

先ほどご紹介したご飯の時に使えるおかずというのを作り置きしていたこともありました。

いまでも佃煮類などは作り置きしているのですが、問題は、野菜の煮物やお浸しの作り置き。

実は栄養分がかなり失われやすいんですよね。

揚げ物などもよくたくさん揚げてしまった後に冷蔵庫内でためておくことがありますが、素材の中まで油がしみてしまい、栄養面でも味わいの面でもどちらもNG。

とくに子供はこういう味の変化に敏感で、大好きだったはずの野菜がいつのまにか食べられなくなっていることもあります。

ハンバーグや焼き魚も、作り置きで大人は平気でも、こどもは食べ残しが増えますよね。

これも、実際やってみて、NGでした。

2.3料理番組とホームページの献立を参考にする

職場の先輩の話では「一番参考になってなんとなくまねしているだけで栄養のバランスが取れるのは、やっぱり料理番組!旬もつかめるからおすすめ」なんて言われていました。

そこで料理番組を録画しチェック。また、番組内にはない副菜などの情報を番組ホームページなどをつかってチェックして、献立を考えるようにしてみました。

献立作りは確かに楽になったのですが、問題は調理面。

我が家の場合、調理にかける時間はできれば30分程度に抑えたいところ。ですが料理番組の場合、下ごしらえなどを不慣れな私がやると、1時間コースになってしまうこともあります。

とくに魚の骨抜きや、子供の面倒をみながらの野菜の下ごしらえなどは、両方に細心の注意を払わねばならず非常に疲れるもの。

ベテランママには良いのかもしれませんが、正直私の夕食調理では「丁寧な調理」という大きなハードルが帰宅後一つ追加され、しんどい気分を増してくれる存在でした。

2.4献立アプリを使う

そこで手抜き料理などもある程度検索できる献立アプリを使ってみました。

ですがこれ、見づらいんですよね。

もともと投稿されている方は、料理の腕自慢の方が多いということもあり、基本の調理手順などは割愛されている部分も多いんです。さらに、主婦の方が多いこともあり、実際に書かれている通りに作ってみると、「あれ?こんなはずじゃなかった」という部分があちこちに。

献立設定の上では確かに楽なのかもしれませんが、実際に作るときには「書いてある通りに予行演習で1回作ってみて、2回目以降を夕食に設定する」必要があるのが献立アプリ・・・だということを、この年齢になって初めて学びました。

2.5料理キットを使う

献立アプリの広告に表示されていた料理キットをぽちっと購入してみたのは、こうしたいろいろな試行錯誤に非常に疲れる日々を送っていた時のこと。

「これ、調理方法ちゃんとついてくるし、素材の分量を量らなくても、単に開けて切って、いためたり焼いたり似たりしたらできるんでしょ?楽勝!」という気持ちで・・・半ば判断力がマヒした中で注文してしまったものでした。

ですが手元に届いた食材は、いつもよりもぴんとしたワンランク上のもの。さらに「夕食について考えることを放棄した結果、書かれていることに忠実に従ってできた、レシピ通りの料理」は「これ、生涯で作ってきた夕食で、一番おいしくない?」と夫にも指摘されるほど。

これは「あえて献立を考えるというしんどい作業を積極的にあきらめて、料理キットにすべてをゆだねろという神からのメッセージ」と考え、料理キットを徐々に。夕食に取り入れてみることにしました。、

3.料理キットが一番良い理由

さて、最初のうちは週に1回ほど。現在では朝食や休日のブランチ含めて7回以上は登場している料理キットですが、使ってみると「なるほど、これは売れてる理由がわかる!」ということにたくさん気づき始めました。

3.1メニューを考えなくていい

なによりも一番助かったのが、疲れて帰ってきた夕方の帰り道。全く脳を休めることなく、電車内でも献立チェックに頭をつかって疲れる日々から解放されたこと。

自分だけが楽をしているのではないかという罪悪感もなくはなかったのですが、この通勤途中に夕食の献立を考えて疲れたり、面倒な買い物のために遠回りしなくてよくなったことで時間にゆとりが生まれました。

結果として、子供を迎えに行く時間も早くなりましたし、移動中の時間を、会社での資料チェックや作業、あるいは自己啓発や趣味などに充てることもできるようになって、ちょっとしたゆとりが生まれましたね。

私一人ではなく家族全員にちょっとゆとりが生まれて、良い結果になっています。

3.2栄養バランスやカロリーを考えなくていい

現在我が家では「キットオイシックス」という食材宅配の料理キットをメインとして使っています。

他にスーパーなどからも発売されていますが、宅配のメリットとしては、WEB上で素材のいろいろな特徴や成分、栄養バランスやカロリーなどがしっかりチェックできることがあります。

これまでの購入履歴もあるので、これとカレンダーを組み合わせて、効率よい栄養バランスによる注文にも生かしています。

どんな素材が使われているのかが一目瞭然なので、1日30品目などの食材バリエーションも簡単に満たせるようになりました。

食育上もこれは便利でしたね。

3.3買い物に行かなくていい

料理キットの場合、そのメーカーによっても必要な材料はことなりますが、我が家で利用している「キットオイシックス」では、購入画面の下のほうに、キットに入っていない、別途用意するものなどがわかりやすく一覧で表示されています。

だから休日にまとめて注文したときに、必要なものを買いに行き、あとは宅配でキットが到着するのを待つだけ。

平日に食品材料の重い荷物を持って帰ってこなくてすみますし、帰り道にスーパーなどを回り道して来なくてもよい点などもうれしいところ。正直仕事からの帰り道は疲れるので、カバンを持つだけでもしんどいです。

また我が家では育ちざかりの子供のために、牛乳など液体やビン類がかなり必要なのですが、オイシックスではこういった重量物もまとめて注文配送してもらえます。牛乳などは「牛乳飲み放題」というサービスなどもあり、非常に助かっています。

https://www.oisix.com/shop.g6--milk--info_nocp__html.htm?mi2=search
オイシックス 牛乳飲み放題

夏場の鶏肉や魚類は、とくに雑菌繁殖なども気になりますが、オイシックスの場合、こういった素材もしっかり衛生的な環境でパックされてから、一貫して低温で自宅まで届けられるので、非常に安心して食べられる点も便利。

大手の宅配業者のクールで届くため、近場の営業所に電話を掛けると、不在でもすぐに再配達してもらえるところも便利です。

3.4 30分程度で夕食が作れる

キットオイシックスの場合、ほとんどの調理は、キットに記載されているものがそろっていれば、30分程度で、主菜副菜とも作れます。

この効率の良さは、料理しなれた主婦そのものという感じです。

正直、いつも仕事で疲れる中帰ってきて、こういった効率のよい調理手順を組み立てるのは大変なことですが、付属するレシピや、WEBに掲載されている写真の通りにつくれば、ほぼ30分かかりません。

非常に便利ですね。

自分で考えることで、手いっぱいにならずに済むので、調理の間遊ぶ子供たちにも目が行き届くのは、小さな子供を持っている家には非常に助かるポイントかなあ?なんて思っています。

3.5旦那でも簡単に作れる

この冬、風邪をひいてしまい数日寝込むことがあったのですが、キットオイシックスがあったおかげで非常に助かりました。

私自身がつくっていても「単に説明書に任せるだけで手際よくできる」料理ですが、一人暮らし時代以来10年以上も台所に立ったこともない旦那でも、しっかり料理を作ることができていました!

子供たちにも「おいしい」と評判でしたが、それは旦那の腕前の精ではなく、最初からキットオイシックスがしっかり計量されて届いているから!

そんな思いで横になりながら「パパ凄いよね」なんて絶賛しながら数日間料理をお願いしていました。

旦那本人も、楽しんで料理をつくっていて、その後、たまに土日などに子供と一緒に料理キットで自発的に料理してくれるようになりました。

子供や旦那本人の栄養バランスのためにと選択した料理キットですが、子供に対する料理教育や、旦那をどう自発的に家事に参加させるか・・・という、嬉しい下心もかなえてくれた素敵なキットでした。

いざというときに備えて、一度、購入し、旦那の目の前に置いてみる~旦那教育のツールとしても使えるので、非常にお奨め。
むしろ、自宅緊急時の練習用として、家族それぞれで料理キットにTRYしてみるのも良いかもしれません。

2019年本当におすすめできる食材宅配・野菜宅配ランキング

私が最もオススメするのはオイシックス!

Oisix(おいしっくす)

ポイント

食材のおいしさ

食材の安全性

料理キットの使いやすさ

 

 

【2018年度】現役管理栄養士が選んだおすすめ食・野菜宅配ランキング

なたでこ
管理栄養士兼一児ママ「なたでこ」が友人や家族にオススメしたい食材宅配サービスを紹介します!

  • この記事を書いた人
なたでこ

なたでこ

現役管理栄養士兼一児のママ。共働きで忙しい日々から食材宅配に興味も持ち、管理栄養士としての知識を生かして、美味しい食卓を心がけています。

-共働き, 利用者別オススメ

Copyright© 【食材宅配・野菜宅配を徹底比較!】現役管理栄養士兼共働きママ「なたでこ」がおすすめする宅配サービスの選び方 , 2019 All Rights Reserved.